業者にプリントシールを依頼すると良い理由

ネット印刷業者にプリントシール作成をしてもらうことで、手間や時間はもちろん、印刷機などを揃える必要はなくなります。自作のもののクオリティーに満足できないケースが生じても、業者のシステムを上手に活用できると、満足度の高い仕上がりとなります。費用面でコスパの高さも得られるでしょう。
プリントシールは、屋内外や業務用など様々な使用方法によって種類があります。目的に応じた作成をしてくれるのも、一つのポイントです。
紙選びは、屋内外に貼りたい場合など用途に合わせて選びます。値段が安いものなら、耐久性や耐水性は低く、屋内向けになりやすいです。高級感を出したいなら、ミラーコートタック紙があります。耐水性を求めるなら、ラミネートを付けるなど対策を立てると良いです。

業者の選び方と個性を引き出す印刷

一枚当たりのプリントシールの印刷を、低価格で提供している業者があります。クーポンの利用やロット数が多い場合は、一枚単位の価格が抑えられることがあります。
ネットから見積もりや相談の受付をしている業者も増えています。プリントシールの目的やデザインをスタッフに伝えた際にしっかりと応えてくれるところは、知識が豊富である可能性があります。注文しながら知識をさらに深められる業者は、良心的な対応も期待できるでしょう。
また、自身が作成した同人キャラクターがプリントされたシールを作成してもらえるケースもあります。値段は掛かっても高級感を出すためにオーロラやホログラムを入れると、同人キャラクターならではの見栄えの良さを楽しめます。

入稿前の失敗を防ぐには

プリントシールのデザインや紙を選んだ後は、入稿となります。入稿したデザインに基づいて、業者が印刷を行います。早ければ、数日で仕上がります。
しかし、入稿前の見直しが十分にできていないと、切れてほしくない箇所が切れてしまったり、色のずれが生じるなどトラブルになることもあります。自分で見直しをすれば、トラブル回避が図れます。プリントシールに文字を入れる際に、文字のアウトライン化ができていないと、ズレが発生しかねません。業者で指定されている項目ができているかチェックしてから、入稿しましょう。
モニター解析度の確認が必要です。例えば、スマホやデジカメで撮影した写真で印刷した画像は、細かな点であるドットの集合体です。印刷に適している画像は、おおよそ350ドット以上です。それ以下なら、粗い仕上がりになってしまうのでドット数をよく確認しておきます。

Webシステムに優れ、Webでデザインを作成するシステムや簡単刷り増しシステム等が充実。 全国送料無料。ポイント5%。シールサンプル無料。 再度ご注文頂いたお客様(リピート)率91%以上(2012年7月当社調べ)を達成しています。 簡単刷り増しシステムで、マイページから過去のデザインを参照してそのまま注文。データ入稿不要。 印刷したシールが動く!!ARシステムを導入。 プリントシールを簡単注文!印刷通販サイトのDIGITA

ピックアップ記事

プリントシールを剥がす方法

経年劣化や新しいものへの貼り替えが目的で、プリントシールを剥がすケースがあるでしょう。その際に家電製品を用いたり、専用の薬剤を用いて剥がす方法があります。しかし、用途に合ったものでなければ、貼ったもの...

同人タイプのプリントシール

自分なりのオリジナルの同人キャラクターを用いた、プリントシールの作成の方法もあります。アニメの展示会のようなイベントの際には、ノベルティの目的で来場者への配布も可能です。その際も、1,000枚単位でプ...

防水プリントシールを作る

プリントシールを防水で印刷をすることで、水が掛かっても破れたり剥がれたりする心配がありません。雨天時の屋外使用や、屋内でも水廻りや結露が発生する所に貼るのにも適しています。また、GHSラベルのような警...

用紙でプリントシールの出来が決まる

プリントシールの使用目的や環境に合った用紙にすると、品質を長期間保てます。そのうえ、高品質なデザインになるでしょう。例えばミラーコートは、表面に特殊な塗料を塗り、加工して仕上げたものです。強い光沢と発...